とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

PolSARpro

Ubuntuへのインストール

wget https://earth.esa.int/documents/653194/1960708/PolSARpro_v5.0.4_Linux_20150607
unar PolSARpro_v5.0.4_Linux_20150607
sudo apt-get install tcl-dev
sudo apt-get install tk-dev
sudo apt-get install bwidget iwidgets4
sudo apt-get install itcl3 itk3 libtk-img
cd PolSARpro_v5.0/Soft/
chmod +x Compil_PolSARpro_v5_Linux.bat

ここで

vi ./Compil_PolSARpro_v5_Linux.bat

で, パスが変になっているところを修正(\が使われているところを/に修正)。その後,

./Compil_PolSARpro_v5_Linux.bat

古いバージョンでよければ...

sudo add-apt-repository ppa:a.valentino/eotools
sudo apt-get update
sudo apt-get install polsarpro

Fedoraへのインストール

「Ubuntuへのインストール」のapt-getの箇所を以下に変更。

sudo dnf install tcl-devel tk-devel bwidget iwidgets itk-devel itcl-devel tkimg

PolSARpro_v5.0/GUI/bmp_process/ViewBMPFile.tcl の28行名を以下のように書き換える

package require itk

Map Ready (CLI) のインストール

# 必要なライブラリをインストール
sudo dnf install glib2-devel libgeotiff-devel shapelib-devel fftw-devel netcdf-devel CUnit-devel 
sudo dnf install proj-devel bison flex
# Map Ready
git clone https://github.com/asfadmin/ASF_MapReady
cd ASF_MapReady
./configure --prefix=/usr/local/
make
sudo make install

SNAP S1-TBXのインストール

ここのLinux 64bit版をダウンロード。

chmod +x esa-snap_sentinel_unix_4_0.sh
./esa-snap_sentinel_unix_4_0.sh

GUIの実行ファイルは ./PolSARpro_V5.0/PolSARpro.tcl

Pdf reader周りで怒られるので、

OK -> Yes -> (Selection:) /usr/bin/evince -> OK -> Save & Exit

以下、同様にpathを指定していく。

(Google Earth) (Selection:) /usr/bin/google-earth
(gimp) (Selection:) /usr/bin/gimp
(ImageMagick) (Selection:) /usr/bin/convert
(Asf mapready) /usr/local/bin/asf_mapready
(s1tbx) /home/hoge/snap/bin/snap # 不安

上記の手順でインストール後、RESTECが提供しているPALSARのポラメトリデータ(L1.1)に対してYamaguchi 4 components decompositionまで出来ることを確認。

GUIの挙動やエラーメッセージがおかしいが、とりあえずLinuxでも動く模様。

プログラムの詳細は付録しているヘルプのpdfを参照するか、Soft/ 以下に内蔵されているCプログラム(Soft/data_process_sngl/yamaguchi_4components_decomposition.c)を読めばいい。

Last modified:2016/11/16 16:35:22
Keyword(s):
References: