とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

TeX

TeXとは

TeXはフリーの組版ソフトで、「テフ」と呼ばれています。Microsoft Wordなどのワープロソフトでも論文やレポートを書くことができますが、TeXはそれらよりも遥かに美しく仕上げることができます。TeXは、ワープロソフトのように直感的なグラフィカルインタフェースを使うのではなく、コマンドを駆使して文書を作成します。ので、慣れるのに苦労するかもしれませんが、慣れてしまえばTeXのほうが手軽に思えるはずです。例えば、ある雛形を作ってしまえば、よく参加する学会の要旨などを作るのは非常に楽です。

TeXのいいところ。

  • オープンソースで、なおかつOSに依存しないので、ずっと使いつづけることができる。
  • 出版業界でも使われるほどの、高クオリティ。レイアウトの最小制御単位は0.000005mmらしい。めざせ、自費出版。
  • TeXで卒論や修論を書くと、先生から褒められる。かもしれない。
  • TeXの中で使う便利なプログラムがいろいろ配布されているので、それを使っていろいろなスタイルの文書を作れる。

メニュー

入門編

Tips

emath

数学の教科書やプリントを作るには、emathが便利!

Ubuntu 14.04へのemathのインストール:

mkdir ~/tmp
cd ~/tmp

ここから最新版のemath(tここではemathf051107a.zipと仮定)をダウンロードする。

unzip emathf051107a.zip
sudo mkdir -p /usr/share/texmf/tex/platex/misc/emath/
sudo mv sty.zip /usr/share/texmf/tex/platex/misc/emath/
cd /usr/share/texmf/tex/platex/misc/emath/
sudo unzip sty.zip
sudo rm sty.zip
sudo wget http://kpic.webcrow.jp/kpic/kpicfile/kpic.sty
sudo wget http://kpic.webcrow.jp/kpic/kpicfile/epic.sty
sudo wget http://kpic.webcrow.jp/kpic/kpicfile/eepic.sty
sudo wget http://kpic.webcrow.jp/kpic/kpicfile/eclarith.sty
sudo mktexlsr 

ここまででインストールできたはず。次にテスト。

cd ~/tmp
unzip doc.zip
cd emath
platex sample.tex 

うまくコンパイルできればOK。

emathの使い方などは, emathWiki, 特に, sample.pdfを見よう!

レポートを書く

レポートを書くときに\maketitleを用いると、日付や名前、題名がかなりスペースを取ってしまう。 そういう時は以下のようにヘッターを活用する。

\documentclass[11pt]{jsarticle}

\usepackage{fancyhdr}
\pagestyle{fancy}
\lead{学籍番号 名前}
\chead{作成日}
\rhead{授業・レポート名}

\begin{document}
\section{レポート課題}
\end{document}

論文を書く

Last modified:2017/05/30 21:10:49
Keyword(s):
References:[トレーニングコース] [とらりもんHOME]